住宅ローン減税は賢く使おう


家をローンで建てたい、または買いたいと思っている方、住宅ローン減税についてはお考えでしょうか?

住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)とは、毎年末における住宅ローンの残高、または住宅の取得対価のうち、どちらか少ない金額の1%を、10年間にわたって所得税の額から控除することができる、という制度です。

この制度に関しては、「最大控除額」が決められています。この最大控除額、実は年によって変わることがあるのです。



平成26年4月から平成29年12月31日までは、最大控除額は40万円と定められています。

3月までは20万円でしたが、倍に拡充されているのです。

ローンの額は変わらなくても、最大控除額が20万円の場合と40万円の場合では、十年間で大きな差になるかもしれません。

平成30年以降の控除額はまだ発表されていないようですが、数年後の取得をお考えの方は、さらに変更があるかもしれないということを頭に入れておいた方がいいでしょう。



また、この制度を使うためには、税務署に必要書類を提出しなければなりません。

確定申告の必要がない会社員の方でも申請は必要です。この制度を利用するための要件は他にもあり、各自ご確認いただく必要がありますが、それにしても申請漏れで利用できなかった、というのはもったいないですね。



キャッシングの金利






個人向けフリーローンの年率は限度額に応じて変わってきますので100万以下の利用額であれば年13%程度も払い続けなくてはなりません。
みずほ銀行カードローン
イオン銀行のBIGカードローンは銀行カードローンで限度額も大きくインターネット申し込みOKです。金利差が大きいならおまとめローンを検討してみるのもおすすめです。キャッシングは便利になりました。急な出費があって予算オーバーな時に即日振込みに対応したキャッシングも登場しています。キャッシングを借りるとしたら、審査が通りやすい数万円ほどから利用する人が多いでしょう。キャッシングをする場合は必ず借入額と返済額に注意しながら自分なりの収支計画を立ててみてください。消費者金融の返済の遅延や自己破産などで信用情報機関のブラックリスト入りするとおよそ5年程度は新たなカードローンの借り入れができなくなります。





キャッシングの年間の金利






個人向けフリーローンの借入利率は融資限度額に応じて変わってきますので十万円台の利用額なら10%以上もかかってくるのです。低い金利の借り入れに借換えるのが一番ですが、借り換え金額が膨れ上がると審査の厳しさの課題がうまれます。ローンをする場合はとりあえず利用額と収入と支出に注意して簡単な返済計画を考えましょう。借金した金額と返済した金額、そして月々の引き落とし額と借入残高を表にして把握しておくことが有効です。金利が安いキャッシングに借換えるのが最も良いのですが、ローン残高が大きくなると審査が通るかどうかの課題がうまれます。通常はカードキャッシングを利用する場合、自宅に明細が届きますが、テレビ窓口などで郵送なしで契約できる金融機関もあります。
プロミスの審査は土日祝でも大丈夫?





低金利なおまとめローン






低金利なカードローンに借換えるのがオススメですが、借入額が膨れ上がると審査の厳しさの難問がうまれます。キャッシングを使用していて、複数の業者からのキャッシングやローンを借り入れしているようになると借金の返済先がたくさんあって返済の計画が煩雑になってしまいます。銀行などのカードローンの契約では郵便で書類が届きますがパソコンなどで郵送の明細書なしで借りられる金融機関もあります。消費者金融の申し込みには、免許証や納税証明書などが必要ですので、さきにそろえておくとはやく申し込みができます。
銀行カードローンの審査に通らないのはどんなとき?
一般企業にお勤めの場合勤務年数が短い場合、融資を拒否される事例が少なくないですが、安定した公務員であれば勤続年数が1年未満であっても前向きに審査されるようです。消費者ローンの返済は通常では返済日当日の借入残高に応じた一定額です。しかし、まとまった金額でボーナス時の繰り上げ返済をできるところもあります。


関連記事


リフォームローンも金利が下がったなあ

多くのサラリーマンの念願である「マイホーム」。 土地付き一戸建てが理想ですが、首都圏ではとても無理な相談です。 東京の地価は世界でも屈指の「高い土地」なので...